読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はじめての海外文学

頭がふっとぶほどおもしろい海外文学のお話や、イベント、本屋さんのお話など本にまつわることを中心に書いていきます

ブログ、リニューアルいたします

『はじめての海外文学』

すみませんいきなり、タイトルからこれに変えさせていただきます。

 

もう最初からこうすればよかったんだけれども・・・。

 

ちょっとこのタイトルは大げさかなぁというのと、そういうものに限らず面白かった本はすべて紹介するというものにしたかったので、全然関係のないタイトルをつけていた次第です。

 

でもやっぱり、自分が伝えたいことって何だろうとじっくり考えるなかで、わたしはどうしても海外文学の面白さをもっともっといろんな人たちに知ってほしいと思っていることに気がついたんですよね。三度のメシより海外文学!!・・・なわけないけど、ごはんはだいじだけどね。

でもこのまま出版点数がただただ減っていくのを、指をくわえて見ていることなんてできないなと。

 

だから、もっと伝えるために、もっといろんな人に見てもらえるように、わかりやすく凝縮してみようと思いました。

 

本当は、海外文学初心者ってなに??って感じなんですよ。

別に初心者とか通とかいらないし、好きなものを好きなように読んだらよくない?って。もう本当にそう思ってるし、それをしている方はもうどうかそのままで突き進んでもらいたい。でも現実は厳しくてそういう方はどうしてもごく少数派。だからやっぱり伝えていかないとなくなってしまうんですよね。好きなものをなくしたくない。ただそれだけなんですけど、言葉にするとなんかおおげさになってしまうのよなぁ・・・あぁわたし貝になりたい(うろおぼえ、、、)。

 

内容については具体的に海外文学苦手な方や、あまりよく知らなくて何を読んでいいのかわからないという方に向けて、わたしもまだまだ知らないことが多い世界ですので一緒におもしろいもの探しませんか!という方向をベースに、単純に読んで面白かった本や、よさそうなイベント、本屋さんなどをご紹介できたらと思います(あんまり変わってないですね、すいません)。

 

そしてこれは試運転というか試しになんですが、本については、初心者向け度という星をつけてみたいと思います。

 

★★★★★ MAX5つは超初心者向けです。

★★★★☆ 4つ 初心者におすすめです。

★★★☆☆ 3つ はまる人にははまるはず。

★★☆☆☆ 2つ 好き嫌いがわかれるかも。

★☆☆☆☆ 1つ 少し海外文学に慣れてからおすすめします。

 

本来わたし星をつけるのは好きではなくて、なぜかというとそれは本当に個人的なたったひとつの趣向であるのに、なぜか絶対的な作品の評価に見えてしまうことがあるからで。

でも今回つけてみるのは作品としての評価ではなく、ただの指標として(もちろんこれもわたしの個人的な一意見ですが・・・)どのくらい初心者向けかという程度の星になります。これに関してはまぁお遊び程度の目印くらいに受け取っていただければと思います。

 

引き続きリンクは基本的に出版社の紹介ページにとぶようになっております。

なるべくならご自身のひいきにしている本屋さんで買っていただきたいからです。

 

わたし自身がいろいろ勉強中なのに加え、絶賛子育て中なので、ブログの更新は本当に気ままで、不定期になりますが、もしよろしければ気長におつきあいいただければ幸いです(そしておとなりのあんまり海外ものを読まなそうなおともだちに広めていただければこれ本当に幸いです)。